北海道地震で備えを考えるようになった

北海道で地震が起きました。友人も幸いなことに無事でしたが被災し大変な思いをしているということでした。

北海道では暖房なしでは生きていけない地域でやはり暖房ができない状況はかなり深刻なようです。

暖房器具は電気がないと動かないものが多く、灯油やその他の燃料だけで暖を取ることが少なくなってきています。

電気はあって当たり前という感覚でいたので、このような自然災害が起こってしまうと、何もできなくなってしまうと言っていました。

そんな話を聞いて自分の生活自体を考えるようになりました。

便利な家電製品が次々と登場していますが、電気が使えない時の対処法を考えたことがないなと思いました。

昔は電気がないのが当たり前だったわけで、その時の暮らしを真似れば、電気が無くても生活していくことは不可能ではないけれど、今の生活に慣れてしまっているのでやはりそれは難しいです。

田舎の方では囲炉裏や暖炉があり、電気に頼らなくても暖を取れる方法を普段からやっていることでしょう。

けれど、今の私のようにオール家電の家の場合は、電気の供給が止まってしまったら、全く生活することができません。

自然災害はどこでいつ起こってもおかしくない状態で、備えを全くしていない状態というのは危険だなと改めて認識しました。

普段、ライフラインに何不自由なく生活をしていると、全てが不自由になる生活は想像しにくいかもしれません。

しかし、もしもの時に備えておくことは大切で、なにかあってからでは遅いですからね。