悩み

今年もあと2ヶ月…

世間はハロウィンのようですがモテない自分にはあまり関係がないですね。

TVを見ていて楽しそうにしている若者を見ると少し羨ましささえあります。けれど、行き過ぎた行動は頂けないものがありますが…

 

そんなことで今年もあと2ヶ月を切ってしまいました、月日が流れるのはほんとあっという間にですね。

 

このまま年を重ねていくのはやはりさみしい気持ちになるので残りあと少しですが、婚活を再度頑張ってみようと思います。

北海道地震で備えを考えるようになった

北海道で地震が起きました。友人も幸いなことに無事でしたが被災し大変な思いをしているということでした。

北海道では暖房なしでは生きていけない地域でやはり暖房ができない状況はかなり深刻なようです。

暖房器具は電気がないと動かないものが多く、灯油やその他の燃料だけで暖を取ることが少なくなってきています。

電気はあって当たり前という感覚でいたので、このような自然災害が起こってしまうと、何もできなくなってしまうと言っていました。

そんな話を聞いて自分の生活自体を考えるようになりました。

便利な家電製品が次々と登場していますが、電気が使えない時の対処法を考えたことがないなと思いました。

昔は電気がないのが当たり前だったわけで、その時の暮らしを真似れば、電気が無くても生活していくことは不可能ではないけれど、今の生活に慣れてしまっているのでやはりそれは難しいです。

田舎の方では囲炉裏や暖炉があり、電気に頼らなくても暖を取れる方法を普段からやっていることでしょう。

けれど、今の私のようにオール家電の家の場合は、電気の供給が止まってしまったら、全く生活することができません。

自然災害はどこでいつ起こってもおかしくない状態で、備えを全くしていない状態というのは危険だなと改めて認識しました。

普段、ライフラインに何不自由なく生活をしていると、全てが不自由になる生活は想像しにくいかもしれません。

しかし、もしもの時に備えておくことは大切で、なにかあってからでは遅いですからね。

プログラミングを習い始めてきっかけ

個人用データ分析ツールを制作したいと思い、プログラミングを習い始めました。

それは、自身のことである。

Excel VBAやJavaScriptなどでプログラミングを組み、具体的には株価の予想、デリバティブ、投資などのための統計システムを作るためのコードを書きたいと思って始めたのですが、ExcelやR等である程度はできるけど、日々のデータ取得を自動化して作業を効率化することによって、個人の負担を減らせればいいかなと思っています。

特にヒューマンエラー防止にはかなり役に立つような気がする。

 

まず第一にスキルアップ、自己啓発のため通い始めまたのですが、少しずつ覚えだすと欲が出てきて、自分で何か開発できたら楽しいのではないかと思うようになり、現在ではリリースするまではいかないまでも、個人用でアプリケーションや簡単な分析ツールなどを作りたいと思っています。その為にまず基本からしっかり理解したいと思い、アルゴリズムやデータ構造などを身につけて、その後C言語やVBAなどを習得する目的で通っているところです。

コンピュータの仕組みを基本から理解できるようになったと思うけど、具体的には離散数学(0と1の世界)で動いているということ。アルゴリズムの大切さなどなど多くのことを学びました。

またそういう事を理解することにより、実際の仕事や生活でも、ロジックの大切さを感じ、効率的に動く、また能率を考えるようになってきました。その他には自分に合っているのか、集中力がついてきて、本を読むときやスポーツをしている時でも充実できるようになりほんとプログラミングスクールを習い始めてよかったと思っています。

 

なかなかいい人が見つからない…結婚できるのかな

こんにちは!

去年は積極的に婚活に励んでいたのですが、最近は少しずつそのモチベーションも下がりつつあります。

 

勇気を振り絞って合コンに行ってみたり、婚活パーティーなどにも参加をしてのですが、なかなか連絡先を聞くことができなかったり、せっかく連絡先を教えていただけたも、なかなかどうやって女性を誘っていいのか悩んでしまい、その先に進むことができませんでした。

分かっていたもののやはり断られたりするとさすがにショックなので億劫になってしまっています。

 

今年こそは初めての彼女ができるように努力をしたいと思っているけどそのモチベーションをどのようにして上げていけばいいか悩んでいます。一層のこと占いでも行って自分の将来を占ってもらおうかさえおもっています。

 

これまでの人生、女性と接する機会を極力避けてきたそんな自分のツケが回ってきているのではなんてさえ思ってます。

 

なんとかその気持ちを切り替えて今年も婚活をがんばろうと思います。まずは何事も経験、そして行動それが大事なのかな…

スマホの未来☆

先日、ある銀行が、スマートホンでの新しい決済サービスを始めたというニュースを見ました。
アプリをダウンロードして、カメラで払込票(通販とかで送られてくるやつ)を読み込めば、自分の銀行口座から引き出せるというサービスです。すごいですよね。

私なんかは、コンビニで支払う伝票が送られてくるとちょっとうんざりします。そもそもコンビニが近くにないし、わざわざ出かけるのは面倒です。手持ちがないときはコンビニのATMで現金を下ろさないといけないのかー、手数料がかかるのはなんとなく嫌だなー、しかもコンビニで支払いするとき結構時間がかかって後ろの人からのプレッシャーが嫌なんですよね。
最初からクレジットカード払いとかにすればいいのかもしれませんが、私、クレジットカードをネットなんかで使うのがなんか怖くて、なかなかやる気になれません。

そんな中、このニュースを聞いたときは衝撃でした。自分の家にいながら支払いができるなんて、本当に夢のような話です。これからもっとこんな便利なアプリが出て、便利な世の中になっていってほしいです。

横浜でトリミングが安いサロンを探していたら…

夏休み婚活をしようと頑張っていたんですが結局成果はなし…

お盆は婚活で忙しくて横浜の実家に帰ることができなかったので、久しぶりに実家のある横浜に帰省しました。

横浜に帰るとどうしても地元の友達とはしゃいでしまい、ついついだらだらとした生活になってしまいます。先日は夜中まで飲みに行って朝方6時頃帰ってきて、そのあとお風呂に入ったのですが、出てくると母親が起きていて朝飯が用意されていました。

この年になるのに迷惑かけてしまっているけどそれでもこうして朝ごはんを用意してくれるってことは幸せなことだなと思いました。一人暮らしをしてみると、以前はありがたみを感じなかったことがすごく感謝することが多いです。

母親はこんなことを毎日、文句も言わずにずっとやっていたということに気づかされたときほんとに感謝をしましたね。

そんなありがたい実家に帰省して、うちの愛犬を見てみるとほんと以前と見違えるほどおとなしくなっていて驚きでした。

しかも、ちゃんと美容室でトリミングをやったようなきれいな仕上がりでよその子ではないかと思うほどです。それは、犬の美容室に行くのも今の両親では送迎は難しいなということがあり、犬の美容室にトリミングしてもらうときに来てもらっていたのですが、そうするとどうしても料金が高くなってしまって困っていてんです。

そんなときに『横浜市トリミング』でいろいろ調べていたら、自宅でできるトリミング教材というものがあったんです。そこで普段OLとして働いている妹にこれを習得させてこの代金を浮かせようと思って購入したんです。

私が購入して妹にトリミングをやらせて見たんですが、思ったよりも簡単にコツを掴んで3回目ぐらいには犬のトリミングをしてくれる美容室に行くのとそんなに変わらないくらいのレベルになっていました。

妹いわくさらに愛犬に愛情が深くなってなんて喜んでもいました。

今日で休みも終わり明日からまた仕事です!!がんばるかー!!!

アルバイト仲間から水虫をうつされた!

婚活もそうですが…お金がないと病院に行きたいけどいけない…たいした病気でない場合はいけないという悩みもあります。

アルバイト生活も長くなってきて、
お風呂上がりに何気なく足元を見てみると、左足の人差し指と中間の指の間がベロンと皮が剥けていました。触ってみても痛みはなく、何も感じなかったので、ただ古い皮が剥けたのだろうと思っていました。

一週間後、テレビを見ている時にまた何気なく足元を見ると、以前と同じ部分がカサカサになっていました。よく見てみるとひび割れのようになっていて、そのひび割れからいくつも皮がめくれているような感じでした。

なんだろう?と手でめくれた皮部分をコリコリとしてみました。その時、ジーンとした痛痒さがあり、そのまま触っているとどんどん皮の剥け方が酷くなりました。

翌日、いつものようにアルバイトに出かけると、何やら足元がムズムズとするのです。どうやら左足のようです。私は周りにばれないように、左足の靴を脱いで指を動かしました。動かしているとムズムズ感はマシになりますが、やめるとまたムズムズしてきます。しかもそのムズムズには波があり仕事になりませんでした。

私はいったん休憩室へ退避することにし、その部分を見ました。すると人差し指と中間の指の間が赤くなり、シルのようなものがジュクジュクとでていました。皮も相変わらず色んな方向にめくれており、昨夜とは比べものにならないほど悪化していました。見た目も気持ち悪かったですが、それ以上にかゆみが強烈で今すぐ搔きむしりたい衝動に駆られました。

結局その日は仕事にならず、体調不良を理由に早退することにしました。

いろいろ調べえみると私はただの炎症だと思っていたのが、まさか水虫だと発見。しかも水虫は一度感染したら完治はしないことも知って本当にショックでした。

水虫は、同じタオルなどを共有することだけでも感染するのだそうです。

そしてその翌日バイト仲間に水虫になったことを打ち明けると、「ごめん、うつった?」と言われガクッとなりました。私はバイト仲間の子が水虫だということを知りませんでした。

水虫になったらこんなに苦しいとは思わなかったので一刻も早く直したいと思っています。一応、横浜市水虫で探しましたがちょっと恥ずかしいので迷っています。ほかになにかいい方法はないものでしょうかね。

横浜の実家の愛犬のしつけがいまだなっていない…

ひさしぶりに横浜の実家に帰ったのですが、実家の愛犬は相変わらずしつけがなっていないようで困っています…

横浜の実家の犬は犬が苦手で、小さな頃から犬を見ると吠えてしまい、散歩中やドッグラン、そしてドッグカフェなどでも肩身の狭い思いでいます。
小さな時の社会化がうまくできていないといえばそうなのですが、もう6歳になり、一向に良くなる気配がなく私自身少し諦めムードです。

特にひどいのが、車の中から犬を見つけた時には、もう興奮が収まらず、そんなに吠えるとしんどくならないかと心配さえしてしまいます。

これではまずい!と最近飼い主の私にスイッチが入り、遠くから犬が見えるか見えないかくらいのところから、犬を見つけたら、待て!の合図を出し、アイコンタクトを取るように指示します。そしてこれができたらおやつを与える。そして少し近づいてみて、できたらおやつをあげるというのを試してみました。

すると、10Mくらいまでの距離だと、我慢できるのですが、それよりも近くなると、我を忘れて吠えてしまいます。

これではラチがあかないのかと、知っている人の犬に協力をしてもらうことにしました。

とてもおとなしい犬なのですが、あまりにも愛犬が泣いてしまうので、どうも嫌がってしまい、計画は失敗。ただこれでめげてはいけないと、会うたびに犬に我慢をしてもらって、落ち着くのを待ってもらうことに。

すると、3分ほどしたくらいから、落ち着きがみられ来て、挨拶をするようになったのです。

これは記念すべき日でした。

今でも練習させてもらっているのですが、なかなか慣れるまでの時間が縮まらず、申し訳ないと謝りながら練習をさせてもらっています。

また道端でも先ほど書いた方法で練習を続けています。

指示がうまく伝わっていないのかどうかすら自身がないのですが、私がまずい!犬だ!と思ってしまっているのが伝わるのか、どれが正解かはわからないのですが、私自身平静でいられるように、工夫をしないとと思って練習をしています。

6歳なので、すぐに治ることはないと思うのですが、気長に練習していきたいと思います。

 

一時期はどうしようもなかったので少しは良くなってきているようです。でも、あまりにもいうことを聞かないのであれば両親と話しているのですが横浜市犬のしつけ教室に通わせてみようかと思っています。

でも、できるだけ自分たちでやりたいと思っているので今のとことは調べるだけにとどまっています。

 

婚活していても根本的な解決をしないとうまくいかない…

婚活を始めて数ヶ月経ちますがやっぱり根本的な解決をしないといけないですね。

正直私は今、収入面で悩んでいます。

 

これまでは正社員として働いましたが、今はアルバイト生活をしています。将来に油断をしていた面がありました。そのせいでアラフォーになりました、何とかあるバイトで食べているという状況で、これから将来的に老人になるわけですが、非常に不安を感じています。

それでもうこの年と経歴により、正社員の道はあきらめています。

年金と今続けているアルバイトの仕事とで何とか食べて行こうと腹をくくるしかないかもしれません。

 

出来れば物価の低い場所で生活費を節約しながら、自分なりに考えて暮らしていかなくてはいけないでしょう。ほかの方々はこの年代ならば、家庭を築き正社員などで安定した老後で暮らすでしょうから、自分は自分の選択によって自分で責任を果たさなくてはいけません。まあ、健康を害して働けないとは違うのですから、こつこつとやっていかなくてはならないでしょう。

こんな状況ではやっぱり婚活をしていてもどうしても積極的になることができないのです。将来の不安があるのでこれを解消しないといけないとおもっているのですが、なかなかこの年にまでくると難しいのが現実…

今はなんとかやっているけれどこれから50、60と歳を積み重ねていくうちに健康を損なってしまうかもしれません。

そんなことを思いながら婚活はやはり無理があるようですね…

 

自分には言えない暗い過去がある…

今は回復して社会復帰をしているのですが、私は2年前に職場でのパワハラが原因で、5年間ほど勤めた公務員を早期退職することになりました。

そしてそのことが原因で、不眠症になり、現在もメンタルクリニックに通いながら、安定剤と抗鬱剤を処方してもらっています。

 

PTSDも発症して、どうしてもパワハラを受けていた頃の嫌な思い出がフラッシュバックして、死んだ方がマシだと考えてしまうこともありました。必要以上に自分を否定してしまうことが増えていた時はほんとに辛い時期でした。そんな時は処方してもらっている抗鬱剤の頓服薬を飲むと、一時的には落ち着くことができました。

ですがその頓服薬は毎日分は出してもらっていません、二日に1回は飲むことができ、このフラッシュバックに苦しんでいるのは毎日のことなので、その頓服薬は毎日飲みたいという衝動にかられ処方してもってから2週間でなくなってしまいます。

ですから残りの1週間は頓服薬なしで済ませなくてはいけません。

だれも分かってくれないこの苦しみ…そのときはほんと辛かったです。

なかなか改善できなかったのでメンタルクリニックに行ったのですがそのことを正直に話して、1ヶ月分を処方してもらうように頼んでみました。しかし頓服薬をオーバードーズして、あまりの高揚感で周囲に迷惑がかかることもあるので、出してもらえことができませんでした。

 

けれど、メンタルクリニックのおかげで前向きな気持ちになってきていて、今はだいぶ気持ち的にも楽になっています。今まで我慢をしていた人生だったので、恋をして楽しく生きることができればと思っています。

あの時が人生でも一番底辺だったのであとは上がっていくだけです。頑張って婚活してまずは彼女をつくってみたいと思います。