結婚と学歴についての議論について

先日、結婚するなら同程度の学歴の人同士でないと厳しいのかというテーマのニュース記事を見かけました。

度々目にするような記事の内容でしたが、まあ一言で言ってしまうと「人による」、「結婚は学歴だけではない」などと片付けてしまえそうなことです。

個人的には同程度の学歴の方が気楽で付き合いやすいと感じる場合はたまにあるかもしれないと思います。

記事に書いてあったとある女性の例は、自分が高卒でそれがコンプレックスだったので、大卒の人が多くいる職場に就職してそこで大卒の人と結婚した、と述べていました。

思うのですが、そういった人の場合、学歴関係なくそれを超える「仕事能力」を認められて大卒の人たちと働いている、という事実があるのではないかと思います。

そういった場合には学歴関係なく、同じ職場の人と結婚するわけですから「同程度の仕事能力・同じ会社」といった共通点があるので、ある意味「レベル」は一緒なのではないかと思います。

学歴は関係ない、そうではなく関係なくしたかったかもしれませんね。

男性が学歴が高いのに越したことはないと思いますが人によって見方は違います。

でも、結局出会って価値観などが合えば学歴そのものにはこだわらなくても良いのではないかな、と私は思います。

ウォーキングを初めてみようかな

この年齢になってくると運動もしなくなり徐々に体重が増えてきています。

痩せていた時の比べて15キロも太ってきてしまい、体が重くなってきてさらに運動をしなくなって太ってしまっているという悪循環になっていると思います。

40歳も近づいてきてこのままでは痩せることがだんだんと難しくなってくるのではと思い、ダイエットをして見ることにしました。

せっかくなので腹筋も鍛えて痩せることができたらなと思い、いろいろダイエットについて調べてみました。

ダイエットの初日は頑張る気があったけれど、数日続けて嫌気がさして、中断した経験がある人は結構います。そんな中で腹筋をトレーニングするマシンを利用してダイエットに成功した人も出てきているようです。

カロリー制限をしてダイエットを達成しようとする人もいますが、開始直後はすぐに減りますが、ほどなくリバウンドしてしまうという傾向があるようです。

体内に蓄積されていた脂肪を効率的に燃やすために運動をし、食事を改善し健康にいいものを食べることで健康な肉体を手に入れるという方法もあります。

あまり運動が好きでない人は、ダイエットのためだとしても、なかなか運動はできないものです。

今まで運動の習慣がないので、なかなか体がついて行かなかったり、運動が辛くかったりして継続することを諦めてしまうということが多々あります。

若い時は激しい運動でも体がついていきましたが、今はそうもいきません。

なので、ちょっとウォーキングをと思っても、ちょっとした時間的に行うことは気分転換にもなっていいようです。

歩くという運動は、それほど体に負担がかからず手軽にできて、自宅近くですぐにできるのでこの年齢では最適な運動かもしれません。

トレーニングマシンを使った腹筋運動とかは、まだ体もできていないのでまずはウォーキングをするという週間を身につけてそれから体を鍛えて行きたいと思います。

思いついた時すぐにやることが、3日坊主にもなりにくいようです。お腹まわりをスッキリさせて、夏には水着で海に行ける体にしてみたいと思います。

まずは、歩くことから初めてみたいと思います。

現代生活で多方面に役に立つプログラミングの知識と技術

プログラミングの技術を習得することによって多くのメリットが実感できました。

中でも大きかったのが日常生活のコンピューター関連のストレスの軽減です。コンピューターといっても単にパソコンなどだけに限る話ではありません。スマートフォンやタブレット、デジタルテレビなどその基本的な仕組みはコンピューターのそれと同じなので、それらの多くのコンピューターに囲まれて、その中で動いているプログラムを日々利用しながら生活しています。

ですがコンピューターやプログラムの知識がなければ、それらの多くをブラックボックスとして認識することになるかもしれません。

しかしプログラミングの知識があれば、それらの動きがどのように実現されているのかを想像しやすくなります。これは現代生活においては大きなアドバンテージといえるかもしれません。

例えばそれらの機器が何らかの問題を起こしたとしても、それを自分で解決しようとした時によりトラブル対応がしやすくなることがあるのです。もしコンピューターの知識がなければ、ネットで対策を調べるにしてもそのキーワードさえ浮かばない場合があるかもしれません。このようなことは一例ではありますがプログラミングの技術を学ぶことによる恩恵として実感しやすいものかもしれません。

また一度プログラミングの技術を取得すると、例え学習したものとは別の環境やプログラミング言語でも対応しやすくなるというメリットもあり、それは学習を通じてコンピューターの働きやプログラムの基礎知識を自然に取得するため、それを学習していない方たちと比べると自分にとって新しい技術でも対応力が高くなる傾向があるからです。

これによりパソコンなどで大量のデータ処理をしなければならないといった仕事などでも、例えそれが自分にとって初めての環境でも試行錯誤がしやすくなり、プログラムを作成して短期間で処理することができるといったようなこともあります。

日常の生活や仕事で欠かせなくなっているコンピューターを自分で扱える道具としてより利用しやすくなるのです。プログラミングの技術や知識はこのように多くのメリットを学習者に与えることがあります。

友人が社会人向けのプログラミングスクールに通うようになってからはたいぶ仕事をする面でも変化をしてきたと言っています。これからは、社会人でもある程度のプログラミングの知識は必須になってくるのではないかと思っています。

あっという間に年が明けましたね。

2019年になりましたね。

今年は平成最後の年ということでいい年になるように何事にもチャレンジをしていこうと思います。

これまで、なにかと消極的な私でしたが、積極的にいろいろなところに出かけてみようと思っています。

積極的に行動をしていれば自ずと出会いもあると思いますし、出会えればチャンスも出てくると思います。

 

今年は、占いも良い年なようなのでその流れに乗って積極的に動いていこうと思います。

笑顔をそして行動これを一年のテーマにして頑張っていきます。

今年もあと2ヶ月…

世間はハロウィンのようですがモテない自分にはあまり関係がないですね。

TVを見ていて楽しそうにしている若者を見ると少し羨ましささえあります。けれど、行き過ぎた行動は頂けないものがありますが…

 

そんなことで今年もあと2ヶ月を切ってしまいました、月日が流れるのはほんとあっという間にですね。

 

このまま年を重ねていくのはやはりさみしい気持ちになるので残りあと少しですが、婚活を再度頑張ってみようと思います。

北海道地震で備えを考えるようになった

北海道で地震が起きました。友人も幸いなことに無事でしたが被災し大変な思いをしているということでした。

北海道では暖房なしでは生きていけない地域でやはり暖房ができない状況はかなり深刻なようです。

暖房器具は電気がないと動かないものが多く、灯油やその他の燃料だけで暖を取ることが少なくなってきています。

電気はあって当たり前という感覚でいたので、このような自然災害が起こってしまうと、何もできなくなってしまうと言っていました。

そんな話を聞いて自分の生活自体を考えるようになりました。

便利な家電製品が次々と登場していますが、電気が使えない時の対処法を考えたことがないなと思いました。

昔は電気がないのが当たり前だったわけで、その時の暮らしを真似れば、電気が無くても生活していくことは不可能ではないけれど、今の生活に慣れてしまっているのでやはりそれは難しいです。

田舎の方では囲炉裏や暖炉があり、電気に頼らなくても暖を取れる方法を普段からやっていることでしょう。

けれど、今の私のようにオール家電の家の場合は、電気の供給が止まってしまったら、全く生活することができません。

自然災害はどこでいつ起こってもおかしくない状態で、備えを全くしていない状態というのは危険だなと改めて認識しました。

普段、ライフラインに何不自由なく生活をしていると、全てが不自由になる生活は想像しにくいかもしれません。

しかし、もしもの時に備えておくことは大切で、なにかあってからでは遅いですからね。

プログラミングを習い始めてきっかけ

個人用データ分析ツールを制作したいと思い、プログラミングを習い始めました。

それは、自身のことである。

Excel VBAやJavaScriptなどでプログラミングを組み、具体的には株価の予想、デリバティブ、投資などのための統計システムを作るためのコードを書きたいと思って始めたのですが、ExcelやR等である程度はできるけど、日々のデータ取得を自動化して作業を効率化することによって、個人の負担を減らせればいいかなと思っています。

特にヒューマンエラー防止にはかなり役に立つような気がする。

 

まず第一にスキルアップ、自己啓発のため通い始めまたのですが、少しずつ覚えだすと欲が出てきて、自分で何か開発できたら楽しいのではないかと思うようになり、現在ではリリースするまではいかないまでも、個人用でアプリケーションや簡単な分析ツールなどを作りたいと思っています。その為にまず基本からしっかり理解したいと思い、アルゴリズムやデータ構造などを身につけて、その後C言語やVBAなどを習得する目的で通っているところです。

コンピュータの仕組みを基本から理解できるようになったと思うけど、具体的には離散数学(0と1の世界)で動いているということ。アルゴリズムの大切さなどなど多くのことを学びました。

またそういう事を理解することにより、実際の仕事や生活でも、ロジックの大切さを感じ、効率的に動く、また能率を考えるようになってきました。その他には自分に合っているのか、集中力がついてきて、本を読むときやスポーツをしている時でも充実できるようになりほんとプログラミングスクールを習い始めてよかったと思っています。

 

台風が2つ迫っているようですね。

こんにちは!

久しぶりの投稿です。

この夏は猛暑でずっとものすごく暑かったですが、急に涼しくなって夏が終わってしまった感が否めませんね。

夏なので婚活をしていたのですが、やっぱり成果はあまりなく…今年も寂しい夏になってしまいました。

それはそうと明後日ぐらいから台風がまた接近するみたいですね。

しかも、2個続けて来るみたいです。

1つは、九州を方面に抜けていくみたいですが、もう一つはどうやら西日本もまた直撃するようです。

今年は夏は台風が多いし、ゲリラ豪雨もあるし、ほんとなにか変化してきているのでしょうね。

そんなことを思いながらなにか起こる前に婚活を成功させたいなと思いながら日々頑張っていこうと思っています。

夏もあと少し頑張っていこう!!

大阪は粉物だけでない!歴史的なスポット玉造がおすすめ!

先日友人に家に大阪まで遊びに行ってきました。

大阪と言うと、どうしても粉物グルメを思い浮かべてしまいますよね。

また、観光地も大阪城や通天閣、道頓堀など定番のスポットが出てくるかなと思います。

私自身、大阪出身ではないため、どうしても定番が頭にありました。

ただ、いろいろと見て回ってみて、大阪は粉物や通天閣・道頓堀だけでないということが分かってきました。

特に歴史好きな人にはたまらない場所が多い地域なのだということ。

その中でもおすすめしたい場所は「玉造」です。

JRや地下鉄が通る玉造は、その昔、勾玉を作っていた場所のようで、その名前が付いたそうで、大阪城も近いので、豊臣秀吉に関連したスポットも多くあります。

また、NHKの大河ドラマ「真田丸」でも有名になった真田山という出城が築かれた場所も近くにあり、特に地下鉄玉造駅から出てすぐの場所にある三光神社は大阪城から続く抜け穴の出口がある場所です。

現在もその抜け穴は「真田の抜け穴」と呼ばれ、誰でも見ることができるようになっています。

隣には真田幸村の像が建てられており、まさに歴史を感じるスポットです。

玉造駅に来たのなら、お勧めしたいお店があります。

それは「マツシタキッチン」というかき氷のお店。

店内には席が3席ほどしかありませんが、いつも混雑しています。

こちらのお店では「カラメルかき氷」など、ちょっと他のお店では取り扱っていないようなシロップの種類がありインスタ映えするものがたいくさんあります。

氷が落ちないように、生クリームで支えているという点もあまり見ない点かなと思います。

この時期の暑い日にはこちらのかき氷を食べて、周辺の歴史的なスポットを巡ると面白いかもしれませんね。

あまり観光客の方は見掛けないので、心斎橋や梅田よりも人が少ないという点も嬉しい点かなと思います。

 

ぜひ、行ってみてくださいね。

なかなかいい人が見つからない…結婚できるのかな

こんにちは!

去年は積極的に婚活に励んでいたのですが、最近は少しずつそのモチベーションも下がりつつあります。

 

勇気を振り絞って合コンに行ってみたり、婚活パーティーなどにも参加をしてのですが、なかなか連絡先を聞くことができなかったり、せっかく連絡先を教えていただけたも、なかなかどうやって女性を誘っていいのか悩んでしまい、その先に進むことができませんでした。

分かっていたもののやはり断られたりするとさすがにショックなので億劫になってしまっています。

 

今年こそは初めての彼女ができるように努力をしたいと思っているけどそのモチベーションをどのようにして上げていけばいいか悩んでいます。一層のこと占いでも行って自分の将来を占ってもらおうかさえおもっています。

 

これまでの人生、女性と接する機会を極力避けてきたそんな自分のツケが回ってきているのではなんてさえ思ってます。

 

なんとかその気持ちを切り替えて今年も婚活をがんばろうと思います。まずは何事も経験、そして行動それが大事なのかな…